こころ旅・ジェームズ・ディーンに!

正平さんも17・8歳のころは

お定まりの ジェームス・ディーンに 憧れたそうだ。

女の子を意識して「ひねくれて ちょっと影のある感じ」を 演じたの?

 (私の同級生たちも 同じだった 011.gif

それが 20代初めには ジェーン・バーキンの彼である

セルジュ・ゲンズブールを見て 男のカッコ良さの認識が変わったと。

ディーンよりも 薄汚れたデブのおじさんの背中の影に 魅かれたのだそうだ。

子供のころは「トムソーヤの冒険」や「ハックルベリィ・フィンの冒険」の

ハックに成りきって(演じる)いたのかな?(役者になるべき素質があったのね)

番組の中で大きい川をみると「俺のミシシッピー川だ」のセリフが聞けるのですね。

まだ ほんの一部だけれど・・・ 横文字がバンバン・・・楽しいです。

それと 「 staff's column 」が とても とても 興味深いです。
[PR]
トラックバックURL : http://emihi0216.exblog.jp/tb/23823265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by e-mihi0216 at 2015-10-31 09:27
読み始めています。懐かしい名前に感動しています。
正平さんが男の魅力に目覚めた ジェームズ・ディーン
や セルジュ・グンズブールは 死去されたが
ジェーン・バーキングさんは 健在なのかしら?
若かりし頃を思い・・・ノスタルジーの世界に・・・
素敵な本に出来上がっています。素晴らしいです。
スタッフさんのコラムがいいですね。
皆さんの真摯な態度が 伝わってきます。
         BY・・・10月30日20:09。
名前
URL
削除用パスワード
by e-mihi0216 | 2015-10-30 19:29 | 日常・雑感 | Trackback | Comments(1)

映画・読書・旅行等・モノローグ風に綴りたい。そして、双子の孫!


by mihi
プロフィールを見る
画像一覧