人気ブログランキング |

カテゴリ:小説・詩・読み物( 164 )

ドナルド・キーンと三島由紀夫 !

ドナルド・キーン氏が 2月24日 96才で死去された。

日本文学を 世界に紹介し広めた 功績のある方。

e0111299_11082493.jpg
東日本大震災のあと 日本国籍を得る。 日本名は 鬼 怒 鳴 門に

戦時下に 「源氏物語」を読んで 典雅で雅な 日本文学に魅かれる。

日本兵の日記を読んで 日本兵の心の内の本当の気持ちを 綴る庶民の存在。

    日 記 文学ジャンルを 確立させた。

戦後 日本の文豪たちの作品の翻訳で 日本文学を紹介する。

三島由紀夫氏の「銀閣寺」で 親交が深まる。


e0111299_11080534.jpg
   ノーベル文学賞に 三島氏を 推すが (川端康成に)残念だったようだ。

      とても ウイットに富んだ 好人物だったと!! 

   150冊の 著作を残された・・・とも ! ご冥福を・・・107.png

*BSーTBS「報道1930」より!

   ゲストに 第二の 三島由紀夫と言われた 平野 啓一郎氏だった!

     京都大学 在学中に「日 蝕」で芥川賞 受賞。

       私・・・「日蝕」読んだのだけれど・・・

       恥ずかしながら 難しくて 途中で放棄したのです。

        主人公は 神学生だったと思うの?

by e-mihi0216 | 2019-02-27 11:53 | 小説・詩・読み物 | Trackback | Comments(0)

Memo・ 俳句 -17

  最近 ご無沙汰だった「プレバト」へ

相変わらずの 東 国 原さんの 活躍が嬉しいわ!

朝食の風景」で。

   〇 炊き出しや 並べば遠き 秋の雲  

         欠食児童のいるご時世だ!

         大人たちの炊き出しの風景に視点を向ける

         流石・・・ 元政治に携われた 証かな ♡

e0111299_13253737.jpg
「俳都・松山」で。

   〇 鰯雲 仰臥(ぎょうが)の子規の 無重力

「夏休みの終わり」で。

   〇 草茂る 洞窟のこと 他言せず

         沖縄に視点を向けた 句。

     すごい 才能だと・・・尊敬できる お方です!!



by e-mihi0216 | 2018-11-18 13:53 | 小説・詩・読み物 | Trackback | Comments(0)

Memo・俳句

 銀杏の落葉を詠んだ「タレント」さんの句より!

e0111299_19131366.jpg
〇 一面の 銀杏を蹴って 通学路

〇 銀杏降る 光奏でるように 降る(降るのリフレインが良い)

〇 秋天(4) はがれ落ちる(6) 人にベンチに(7) (破調が良い)

〇 黄落や ひかりに傾ぐ ピルエット

   *銀杏+降る・散る・舞う で 季語として使う。

         黄 落 期 という。

by e-mihi0216 | 2017-11-10 19:30 | 小説・詩・読み物

お気に入り・秋 模 様

e0111299_09441516.jpg

          178.png 仙石原のススキ! お借りしたもの。

今朝の「俳壇 歌壇」より (お借りしたものです)

詩 歌が 詠める・・・才能が欲しいな!(羨ましい)


  〇 追憶に ピリオドのなき 夜長かな


  〇 母 訪(と)へば 秋灯ひとつ 小さくあり


  〇 芒(すすき)原 風は遠くへ ゆく途中


この季節になれば・・・思い出すの!

40〜50才の頃まで・・・ホロリ涙していた記憶があるの!

初恋の男子の夢を 「未だに夢に見るのよ」と・・・

(プラトニック)だったのにね〜と・・・

友に語った記憶も 同じ50代だったと思う。


by e-mihi0216 | 2017-10-09 10:16 | 小説・詩・読み物

Memo・カズオ・イシグロ 氏!

e0111299_13294154.png

           178.png ヤマハッカ…綺麗な色ですね!

ノーベル文学賞受賞の イシグロ氏の 主な小説。

1982年  「遠い山なみの光」  日本が舞台。

1986年  「浮世の画家」    日本が舞台。

  89年  「日の名残り」  英国の伝統をえがいて、ブッカー賞受賞。

         1993年 アンソニー・ホプキンス主演で映画化

  95年  「充たされざる者」         不条理小説。

2000年  「わたしたちが孤児だったころ」    探偵小説風。

2005年  「わたしを離さないで」  ジャンルはSFなのね。

  15年  「忘れられた巨人」   ジャンルはファンタジー。

     * 1954年11月8日  長崎生まれの  62才。

       1960年 英国ギルフォードに移住 (5才時)。

       1983年 イギリス国籍を取得。

受賞理由・・・「人と世界のつながりという幻想の下にぽっかりと開いた深淵を

          感情豊かにうったえる作品群で暴いてきた」とあった。

       わたし・・・何冊 読めるかな?

       Amazon・・・のぞいたら 中古で 800円で買えるが

       私 特に本は 自分のものにした 新品でなきゃ イヤなのよね128.png


by e-mihi0216 | 2017-10-07 14:15 | 小説・詩・読み物

「恋は 理性の 外」

e0111299_18283264.png
             178.png キクイモ。

今朝 目についた 一文から。

不倫を報じられた 山尾さんに エールを 送られているようだ。

この筆者も 無茶苦茶に男性遍歴の 多い方だったと 記憶する。


「ホテルに2人で 入ったことがあったのも 男は1人帰り

 泊まったのは自分1人で 男女の関係はないと 言いわけしていた。

 そんなことは 神のみぞ知るで 誰も当人の言いわけなど 信じる者はいない。」


不倫も 恋の一種 である。 恋は 理性の外のもので

 突然 雷のように 天から降ってくる。

 雷を 避けることはできない。 当たったものが 宿命である」・・・そうな?


山尾さんは まだまだ若い。

これからの人生をきっと新しく切り開いて 見事な花を咲かせるだろうと! 結んであるよ144.png

 現代の恋愛事情は 女性が能動的(肉食)で 男は受け身(草食)だよね!

       男の子は・・・らくで好いね!


***「文春」今日発売じゃなかったの? 不倫の2弾目を期待していたのにね150.png


by e-mihi0216 | 2017-09-14 19:00 | 小説・詩・読み物

執念&欲望

e0111299_16120916.png

今朝も涼しい!秋が近づいているのだろうか? 日中はじりじりと暑い。


朝一番に 飛び込んできた活字は 執 念欲 望の 二文字。


意味は 似たようなものだろうが?


印象としては 執念が 怖くて底意地が悪そう。


私は 執念深いほうかもね。 欲望も強い人間かも知れないね。


年令的には そろそろ 枯れてゆかねばと思う。


これこれですよ・・・未だに・・・


〇 眠りいし欲望 くわっと目を覚まし デパートの紙袋増えゆく


    つかの間 欲望を抑えても 反動が大きいのよね 137.png


by e-mihi0216 | 2017-08-28 16:32 | 小説・詩・読み物

久しぶりのお気に入り!

今朝の 歌壇より お借りした。

昔懐かしい・・・盛夏のデザート(かき氷)も

〇 かき氷生きてるうちに食べなさい

         誰も墓前に供えてくれぬ

〇 かき氷ひとさじ分が欠けたまま

         しんと溶けゆくホスピスの部屋

・・・・・・身につまされるね

e0111299_16065154.jpg
101.png子供時代の 懐かしい思い出は 脳裏にはないのかな?150.png


by e-mihi0216 | 2017-08-21 16:20 | 小説・詩・読み物

再放送がうれしい!

e0111299_09475573.jpg
夏休みで 旅番組がお休みだ ロス状態の中

関口 知宏さんの「ヨーロッパ鉄道の旅」の再放送!

うれしい・・・ギリシャ編を 観る。

水と言えば 我が日本だと思っていた。

水清らかな国。豊かで美しい水の国だと!

ギリシャも 美しい水の国だった153.png

驚いた!無知な私でした。

珍 紛 漢 紛 (ちんぷんかんぷん)の英訳は nonsense。

ギリシャ語では メテオラ?

奇岩群が林立する 最高位の岩のてっぺんに建てられた 修道院。

この姿を(風景)が ちんぷんかんぷん だと・・・感じられるのかもね。

此処の風景を見て・・・(珍紛漢紛)メテオラの地がワードになったの??







by e-mihi0216 | 2017-08-18 10:25 | 小説・詩・読み物

吾 輩 は 語り疲れて・・・

e0111299_10420108.jpg
吾輩は 語り疲れて(聞き疲れて)・・・飲み残しのビールなるものを 

コップ2杯分 ぴちゃぴちゃと 飲み干し 心地よい。

前足も ぐにゃりと 水がめに落ち込んだ。

もがいても 埒が明かぬ 「もう よそう・・・」

吾輩は死ぬ。 死んでこの太平を得る。

太平は 死ななければ 得られぬ。

南無阿弥陀佛 南無阿弥陀佛 ありがたいありがたい。 完

夏目漱石の「吾輩は猫である」の連載小説が終わった。

この度は 読破 できた。(中・高生では難しい)

吾輩の終焉は・・・ちょっと悲しい。


by e-mihi0216 | 2017-03-30 11:03 | 小説・詩・読み物 | Comments(0)

映画・読書・旅行等・モノローグ風に綴りたい。そして、双子の孫!


by mihi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る