タグ:火野正平 ( 97 ) タグの人気記事

こころ旅・ 日高町 篠崎地区の風景!

 幼い日の思い出! 祖父母との思い出の地を訪れます。

どこにでもある 田舎の風景! どこにでもある 日常の営みを・・・

 悠久に・・・姿を留めている?のでしょう。

e0111299_09214673.jpg
  長閑で~す。 穏やかで~す。

水田に映る 山々の姿!  用水路に流れる水も 綺麗で 勢いよく。

e0111299_09222091.jpg
   静かに・・・静かに・・・時のみ 移ろうのです。

正平さんの「神鍋スキー場」に ??と反応した 私!

e0111299_09225037.jpg

記憶を手繰り寄せます。スキー滑りに来てたわ 神鍋に!夜行バスで!

    セピア色のアルバム帳に 私がいました !

      20代の 若い姿がありました 111.png

      同行した 彼らや 彼女たちは 健在かな?

城崎温泉は 素通りでしたね。 城 崎での記憶は鮮明だったのに

      神 鍋の 記憶は 抜け落ちていた (人''▽`)ありがとう☆

* 転居の際 膨大なアルバムの処分を考えたが・・・

      今は・・・捨てずに良かったと安堵しています。

[PR]
by e-mihi0216 | 2018-06-23 10:09 | 日常・雑感 | Trackback | Comments(0)

こころ旅・香美町 今 子 浦 のかえる島へ!

 梅雨の 晴れ間で 良かったですね。

この日のお手紙は ご家族の楽しい思い出の地 「かえる島」は

正平さんの思い出とも リンク した場所で 幸せを感じる「こころ旅」でした!

e0111299_07292646.jpg
かえるを連想させる 島です。正平さんは 岩だと主張しますが?

    自然の造作物は 神が造られた物のようです。

潮だまりには 小魚がいっぱいだ。アメフラシは 初めてみた私です。

「 アメフラシは 漂いながら生きているんだな~ 」と正平さん。

お子さん達も 幸せいっぱいで 楽しまれた様子が伺えて 楽しかったです。

e0111299_07294783.jpg
現在の餘部鉄橋は それは立派で頑強な 鉄筋コンクリートに 姿を変えています。

1986年12月28日 突風にあおられて転落事故が起きて6名の死者。

2007年11月工事開始~2010年8月に完成したとか?(間違っているかも)

150.png41メートルの高さを 階段で歩いて上りたい 正平さんは

 「ハトヤ! エレベーターでこれ持って」と チャリオ君を 預けます。

 「はい!分かりました」と 素直なハトヤさんです(何才なのかしら)

     癒し・・・キャラさんだ! カメラマンにも 挑戦! 楽しいな 110.png

[PR]
by e-mihi0216 | 2018-06-22 08:13 | 日常・雑感 | Trackback | Comments(0)

こころ旅・「夢千代さん」のユメの跡

兵庫県2日目は 私の思い入れの深い「湯村温泉」でした。

季節が雪 深い冬で 無かったからか? 初夏の明るい風景だったからか?

私の心 象 風 景とは 違うものでした。

e0111299_10510425.jpg
NHKドラマ「夢千代日記」で温泉地が 全国区になり・・・都会的に・・・?

ひなびた温泉町の 面影や風情が失せたように思う。

e0111299_11060914.jpg
178.png 正平さんの手 形が 展示してあるわ!

  正平さんの 役者人生の 「栄 光 の 跡】 (29年前のもの)

178.png 吉永小百合さんの 記念碑も・・・立派です。

昔を 彷彿(ほうふつ)とさせるものに 強く惹かれる 年令になったのだわ!

           老いたと・・・言うことです (;_:)

*梅雨の晴れ間をぬって 眼科医へ・・・セーフでした。



[PR]
by e-mihi0216 | 2018-06-21 11:22 | 日常・雑感 | Trackback | Comments(0)

こころ旅・梅雨です「お先は真っ暗?真っ白?」

 17才のみなみさんの可愛いお手紙で「浜坂海岸の松林と日本海」へ。

靄ってますね~ 何にも見えない!
e0111299_09562117.jpg
晴れていたら 日本海の荒っぽい 色んな奇岩群が 見えたのに・・・

残念・梅雨だもん!うっすらとビーチと家並みが・・・これはこれで風情があるな!

ポールホールでは 明るくなった。1900万年前の穴ぽこが(知らなかったわ)

e0111299_09564189.jpg
取り残された魚の救助が始まりましたよ ゲラゲラ大笑い。

ハトヤンさんが 網を持って走りくる姿は まるで少年のようです。

貴重なキャラクターも加わり フグ助2匹 海に返すことが出来ました。

到着の松林は 海風に耐えながら 同じ方向に傾いでいます。

  まだ ひ弱な8133本の 若い松たちでした。

     みなみさん ご希望の 朝日や夕日に きらめく

      日本海の サン・ビーチは 見れなかったが

       梅雨の レイン・ビーチも 好い思い出になりました。
    

[PR]
by e-mihi0216 | 2018-06-20 10:30 | 日常・雑感 | Trackback | Comments(0)

こころ旅・余 部 鉄 橋 ‼

e0111299_09191135.jpg
178.png 余 部 鉄 橋 ! 記 憶が錯 綜していた(やっと一件落着です)

お先真っ暗で~~す」で 始まった 大粒の雨の 兵庫県の朝版!

冒頭の 余 部 鉄橋の画像に・・・“ここ ここなのよ”!と 私も絶叫します。

NHKドラマの「夢千代日記」の舞台を 鳥取県だと勘違いしていたの。

夢千代さんが 原爆症の後遺症で通院していた 余部の橋でした。

兵庫県 美方郡 湯村温泉が舞台の 3部作だったと思う?

早坂 暁・深町 幸雄・武満 徹氏の 重厚な作品(知らない人が多いのかな?)

    【こころ旅で」 色んな記憶を呼び起こして貰えますが・・・

   喜怒哀楽が ごちゃまぜで・・・人生・・・悔 恨の方が多いのかな?

   関西地方は 私の思い出を たどる旅みたいだわ・・・

   共通する・・・シーンもありますよ多々・・・きっと!

[PR]
by e-mihi0216 | 2018-06-18 09:51 | 日常・雑感 | Trackback | Comments(0)

こころ旅・ 望 郷! 八頭町の隼プールへ

ブラジル在住の「y u j i」さんからのFAXで(世界規模になりましたね)

  小・中・高校と活躍された「隼プール」を訪ねます。

望郷への思いは 走馬灯のように 駆け巡ることでしょう。

58年前の記憶も 色あせているかも・・・と 奮闘される チームこころ旅!

蒸気機関車の姿も無い お洒落な列車が走る若桜駅と 水遊びをした八東川や

    小学校にも 足を運ばれます。(優しいね~)

e0111299_08243981.jpg

   隼駅は 昔のまゝの 佇まいだそうだ。

出発の日 見送りされた方との 偶然の出会いに驚くわ。

隼プールは 水が張られ プール開きの日を待っていました。

yujiさんに代わって 正平さんが泳がれた!(役者正平さん…流石です)

e0111299_08250083.jpg
青い空に白い雲 山々は万緑の世界へと 水田もある日本の原風景は

    変わらずに・・・いつまでも・・・心に残っていきますよね

     早くオン・エアされると良いですね!



[PR]
by e-mihi0216 | 2018-06-17 10:11 | 日常・雑感 | Trackback | Comments(0)

こころ旅・ 寡黙な・・・正平さん!

河原城~「近くて遠い伏 野 海 岸」へ!

e0111299_13282338.jpg
生まれ育った大阪を離れ・・・ ご主人の田舎 伏野での生活は 気苦労も・・・

伏野の海は 釣りや 子供達との海水浴と・・・時間が 癒してくれる地元へと・・・

大阪の時間より長い 故郷の様になっていたでしょうに

遺言らしき言葉は「俺が死んだら大阪に帰れ」だったという。

ご主人の(男性)の心情は 計り知れないが?

今さら?何よ? 嫁した場所が 居場所のはずですよね。

  「女 三界に家無し」との コトワザもあるが 悲しい言葉ですね。

この日の 正平さんは 寡 黙 でしたね!(脳裏に記すものが 有ったのかしら?)

  飛行機の長い誘導灯と 雨音・波音・葉っぱの音・鳥の鳴き声が

   梅雨入りの日の・・・静寂に 人生の機微を思う 「大人な こころ旅」142.png





[PR]
by e-mihi0216 | 2018-06-16 14:07 | 日常・雑感 | Trackback | Comments(0)

こころ旅・ 幼馴染と阿弥陀の森!

阿弥陀の森は 1本の 大きいタブノキでした。

幼子たちが 怖がった言い伝えは 「人さらいが住んで居る」と。

樹齢400年の木が 子供心には そういう風体に 見えたのでしょう。

e0111299_11561548.jpg
なんとも 微笑ましいお手紙も この木が スタートでした。

その 昔話を語り合いたい友は 早くに天国に召され 心残りが・・・

   思い出の場所を探す 正平さんチームの頑張りに・・・

  正平さんのナレーションに・・・カメラマンさんの腕前に 感動 しきり。

e0111299_11563096.jpg
  「人さらいは住んで居ます。今 ちょっとルスにしています」と つぶやく

       正平さんの 笑顔に だまされてあげましょうね!

        ポエムのような・・・世界へ誘っていただいた。113.png162.png




[PR]
by e-mihi0216 | 2018-06-14 12:27 | 日常・雑感 | Trackback | Comments(0)

こころ旅・魚見台の 覗 岩~

記憶に色濃く残る 覗 岩は 4年前 訪れた場所!

e0111299_12570933.jpg
子供さんの頭が抜けなかった 穴二つ・・・なんだかユーモラスに見える。

今回は 気高町山宮の 阿弥陀の森を 目指しますが・・・

4年前の旅の途中の 出来事が凄い!のだが 初耳で 興味ある。

ロケ現場に遭遇した 後日談が・・・興味津々だよ。

e0111299_13170715.jpg
e0111299_13160803.jpg
幻の漁火」に出演された! 新聞にも報じられている!

鳥取 県知事の 平井氏は 地域活性化に 奔走されていると 聞いていたが

正平さんが「こころ旅」で訪県された タイミングで オファーがきたのでしょうね!

    役者さんだから・・・本職でお呼びがあるって 嬉しいわよね!

         うれし~い・・・よかったわ  162.png
 





[PR]
by e-mihi0216 | 2018-06-13 13:27 | 日常・雑感 | Trackback | Comments(0)

こころ旅・木次町の斐伊川と潜水橋へ!

島根県最終日は 雲南市です!

地元では「願い橋」(潜水橋)四国では沈下橋! 映画「雲南」を舞台に・・・

     「 うん、何? 」という 題名 (はしづめ りょうさん主演)

   178.pngこの画像は立久恵峡の吊り橋です。2日続けての橋渡りでした。

e0111299_09535864.jpg
晴天に恵まれ 吹く風も気持ち良い 出雲の南をめざして走ります。

フォローの風に 背中を押され「気持ちいい~と」ご機嫌な正平さんです!

前日の雨で増水したのか 水位も高い?

目を閉じて渡れば「願いが叶う」と?映画の影響のようです。

   178.png木次町の斐伊川にかかる 潜水橋です。

e0111299_11064345.jpg
かなりの距離がありますね~ 正平さん目を開けて渡りましょう 危険です。

座り込んでお手紙を読む 正平さんの傍では セキレイが 遊んでいますよ113.png

なんと長閑な 山と川が万緑の世界に溶け込んで・・・和やかな気持ちになります。

   正平さんも お気に召したようで・・・良かったです!




[PR]
by e-mihi0216 | 2018-06-09 11:39 | 日常・雑感 | Trackback | Comments(0)

映画・読書・旅行等・モノローグ風に綴りたい。そして、双子の孫!


by mihi
プロフィールを見る
画像一覧